ワニ漫画、つまらない(笑)

100日目に死ぬワニが話題になっていたので目に入ってしまった。私のようなSNSをやっていない人間にさえニュースとかで届いてしまうのだから、これがまさに話題のコンテンツなんだろう。

で、そんな私がざっとこの漫画を見た感想だが、正直つまらないなーというのが素直な感想だ。一体どういう感性をしていたらこんなものを楽しめるのだろうか。

例えば話題のラーメン屋に行って、実際食べてみてまずかったらそれはどんなに話題となっていても、自分の中ではまずいものはまずい。もう2度と食べることはない。いちいち「自分はまずいと感じたが、なぜ世間では受けているのだろうか?」と問うこともない。そんなことを問うのは同業のラーメン屋やラーメンオタクくらいだ。

が、こうした理解不能なサブカル的コンテンツは、自分の中の判断基準が曖昧だと「自分はつまらないと感じた」という直観を恥ずかしがって、「話題になっているから、面白い。それがわからない自分は変」という方向に向かってしまう。

こんなものは話題のラーメンを食べてまずかったらまずいと言う感覚で、つまらなければつまらないと言えばいいだけだ。コンテンツそのものに対する個人的評価と、見せ方ややり方の上手さに対する評価は切り離すべきで、後者がどんなに優れていても、つまらないものはつまらないでいいというのが私の立場だ。

「面白いかどうかはさておき、話題にはなったよね」といったことを何に対しても言う人が最近は多いが、そんなもの話題になっているのだから「そうだね」以外言いようがない。むしろ重要なのは面白いかつまらないかで、評価が各々の志向性向で変わるからこそ、その違いを浮き彫りにすることに価値がある、と私は思ってしまう。

なので、あえてここに書き留めておく。100日目にニュースで知ってなんだこのつまらない漫画はと思ってしまった私の感情を。

感想待っています。コメントしてね