私が電子書籍を積極的に買うのをやめた理由

 

電子化されていない本は買わない、電子化されるまで待つ。そんな急進的な電子書籍至上主義者だった私だが、ここ1年の間に電子書籍にはすっかり醒めてしまい、もう「本なんて読めれば何でもいいや」となってしまった。

なぜか?

*この投稿は2015年10月の記事に加筆・修正をしたものです

言葉を偶然再読する機会を失う

部屋の掃除をしている際に、つい無造作に並べられた本をぱらぱらとめくって読み返してしまうことがある。紙の本の場合、付箋が貼られていたり、線が引いてあったりしている箇所、もしくは偶然目についた言葉をパラパラと再読したり、本から本へパラパラ読みまたぐことが可能だ。その過程でアイデアが閃いたり、懐かしい気持ちになったりできる。

一方、電子書籍はkindleのpage flipなどパラパラ読みに類似する機能はあるものの、実際使ってみてその機能は紙に比べると貧弱だ。目についた本を次から次へとまたぎ読みするのもスムーズでない。端末のローカルに保存されていればまだマシだが、もしクラウド上にある電子書籍をパラパラ読みまたぎたいと思えば、いちいちダウンロードする手間が生まれる。

このように、紙の本は部屋の掃除などふとしたきっかけで目についた際に、パラパラめくったり、本から本へまたぎ読みすることで偶然言葉と出会う可能性が開かれている。他方、本棚を捨て、電子書籍として本を蓄積し続けるということは、そうした偶発的な言葉との出会い、それによるアイデアの閃きなどのきっかけをダウンロードの手間やソフトウェアの不便さによって失うことになる。

外では文庫本1冊ルールが楽

いつでもどこでも何冊でも本を持ち歩けるのが電子書籍の良さだが、実際のところ私は外ではあれこれ本を読みかじりしない。あれもこれも選択肢があるより、1~2ページ読み切りタイプの文庫本を1冊だけ鞄にいれて、それを電車の中とかできりよく読むほうが自分には合っている。文庫本として1冊だけ持ち歩くことで、「外出先で暇な時はこれを読む」と迷いなく判断できるので良い。ちなみに私が最近鞄に入れているのはこちらの英語の本。

目から鱗が落ちるような英文法の解説が、文庫サイズで読めて非常に良い。一つ一つの項目も2ページほどで読み切りなのでちょっとした時間にきりよく読める。

 

買うまでのストーリーを失う

ワンクリックで電子書籍を買ったときに失う時間

上のリンクの記事でもちらっと書いたが、ダウンロードして本を買うというのは実にあっけない。私は未だに高校時代にELTのCDアルバムを帰りに遠くのCD屋まで雪道を歩いて買ったことを、そのCDジャケットを見ると思い出す。特典付きのものとそうでないものがあって、特典付きを買おうとしたのに何故か店員が特典なしを出してきて、おもわず「いや、それじゃないです」と言ったら妙に不機嫌そうな顔をした店員の顔まで覚えている。紙の本もそうだ。裏に買った場所と日付をちょこっと書いておくだけで、色々思い出すものがある。ダウンロードで買うというのは、そういったストーリーの喪失を意味する。

電子化されているか調べるのが面倒

読みたい本を発見するきっかけって、本屋や古本屋をぐるっと一周して「あっこれ面白そう」という直感による部分が大きい。私の場合。その際、いちいちスマホを取り出して、アマゾンで検索して「kindle化されているかどうか」云々とかやっているのがバカらしくて仕方がない。正直、その場で買うなりしたほうが全然早い。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

1件のコメント

感想待っています。コメントしてね