ブロガー兼YouTuberとして両方上手くいっている人が少ないのはなぜか?

 

私が知らないだけかもしれないが、ブロガーとしても、YouTuberとしても上手くいっている人って少ないなぁとよく思う。

ここで言う上手くいっているというのは、別にPVや再生数が多いとか、たくさん稼げているとか、そんな判断基準ではなくて、パッと見た感じまともに読み応え、見ごたえのあるコンテンが揃えられているかどうかという基準。

動画を書き起こししました、みたいなブログが多い

大抵のYouTuberは自分のブログなり、サイトなりを持っているわけだが、そこに書かれてある内容というのがひどい。何だが、自分の動画を書き起こししました的な内容のものが多くて、

「YouTuberの○○さんが書く文章は、どんな文章なのだろうか?」

というこちらの興味をことごとく裏切ってくる。他の人がどうかは知らないが、私がYouTuberのブログをわざわざ読みに行きたいと思うのは、

「動画でこんなに面白い人が書く文章って、どんなものなのだろう?」

という期待に起因している。なのに、書かれている内容は、単なる自分の動画へのリンクであったり内容の要約に終始している。これは本当に残念で仕方がない。

ブロガーはYouTubeを活用できていないか、敵視している

対するブロガーの動画への対応もひどい。ブロガーに限らないが、何か文章を書く作業に拘っている人って、

「自分に出来ることは、書くことしかないのであーる」

的な固定観念にとらわれすぎていて、書くことを神聖視し過ぎな傾向があるなぁとよく思う。そのせいかどのせいか知らないが、ブロガーにはYouTuberを小ばかにした感じの人が多いなぁと。また、多少YouTubeに理解のある人であっても、上手く活用しきれているひとは本当に少ない。単なる記事の参考資料みたいな、断片的な動画ばかり上げている感じで、「参考映像」の域を脱し切れていない。

どっちもそれなりにやりこまなければ、どちらかが必ず中途半端になる世界

ブログとYouTubeというのは、両方やったせいで両方中途半端になってしまうといった類のものではないと私は考えている。

むしろ、ブログの延長線上にYouTubeを位置付ける、もしくはYouTubeの延長線上にブログを位置付けるから、どちらかが中途半端になるのではないかと。

これを解決するには、ブログと動画の性質上の違いを理解し、ブログにはブログ用の、動画には動画用のコンテンツを用意しなければいけない。まったく同じ商品を動画でも、ブログでも紹介したいというのであれば、それぞれ違った切り口で動画、もしくは記事を作成しなければ、まともなものは出来ないだろう。ここで中途半端に動画とブログの融合を図ろうとすると、「動画の要約みたいなブログ」または「ブログの参考映像みたいな動画」になってしまう。

上手くいっているブロガーほど、動画は割に合わないと感じるだろう

動画コンテンツの一番のネックは、作成に要する時間が長いことだ。ブログであれば10分、20分で書けてしまう内容が、動画になると編集に2時間、アップロードに1時間となる場合がざらだ。また、そもそもの映像素材を撮影する作業にもそれなりに時間がかかる。それでいて、苦労して作成したコンテンツの再生数は一桁、それも自分か身内の再生だけ。これではやる気なんて湧いてこない。

それこそ成功していて、ちょっと書いた記事があっという間に1万PVとか10万PVとかいってしまうブロガーが、わざわざ何時間もかけて動画を作る理由なんて、そうそう見つからないだろう。なので変な話だが、ブロガーがYouTubeに手を出すタイミングというのは、まだあまり成功していなくて、色々やることを模索している段階なのかもしれない。

逆に、YouTuberからブロガーへの参入は楽なものだ。どんなに文章を書くのが苦手な人でも、一時間もあればある程度文字は埋められるし、その後の訓練でいくらでもスピードは上げられるからだ。この点、どんなに自分の編集技能を向上させても、PCが重いとか、回線の都合でアップロードに時間がかかるといった外的なトラブルと常に隣り合わせの動画作成に比べて非常に楽だ。

私は何を目指すか?

ここまで色々書いてきたが、私が目指すのは表現したいものによって表現方法を変えるというスタイルだ。「これ、動画の方が伝わるな」と思えば動画にするし、ブログに書いたほうがよいと判断すればそうする。ただそれだけ。中二病的な言い方だが、広い意味での表現者を目指している、それが私だ。

 

この記事の感想を教えてください。
  • 好き (0)
  • なるほど (0)
  • もう少し掘り下げた記事を読みたい (0)

感想待っています。コメントしてね