アスパラときのこのパスタ風炊き込みご飯

 

少し前に、ネット上でトマトとオリーブオイルを炊飯器に入れて炊きこむトマトリゾットのようなレシピが話題になった。今日はそのレシピにインスピレーションを受けて、惣一郎独自の炊き込みご飯を作ってみたので紹介したい。

 

その名は、「アスパラときのこのパスタ風炊き込みご飯」

別に、ご飯の中にパスタを入れたりしているわけではないのでご安心を。では何を入れているかというと、これ!

DSC_0391

そう、パスタ用のオイルソースだ。もともと、アスパラとキノコでパスタを作っていたのだが、材料が余ったので何か別の料理が作れないかと考えていた時にひらめいたのが今回のレシピ。では、早速作ってみよう。

材料・レシピ

用意するもの

  • ご飯1合
  • しめじ
  • アスパラ
  • パスタ用のオイルソース
  • 塩コショウ
  • 醤油
  • マーガリン

作り方

1.ご飯を炊飯器に入れる。

DSC_0383

2.シメジは軽く分け、アスパラはスライスするDSC_0384

DSC_0387

3.炊飯器にしめじとアスパラを投入。

DSC_0390

4.醤油、パスタオイル、塩コショウ、マーガリンを入れる。

DSC_0391DSC_0395DSC_0392

すべて入れるとこんな感じ。分量はすべて大さじ2杯程度。DSC_0397

5.炊飯器でいつも通り炊く。

6.炊きあがるとこんな感じ。

DSC_0401

7.完成。DSC_0406

味はどうなの?

見た目は鮮やかさに欠けてしまうが、味はかなり良い。例えるなら、ガーリックキノコピラフ。その辺のファミレスのピラフに600円くらい払うくらいなら、これを作ったほうが美味い。一度、だまされたと思って作ってみると良い。絶対に後悔はしないはず。

ちなみにこれを作ったのは今回で2回目になるが、1回目はマーガリンを入れずに、塩辛を入れていた。それはそれで美味かったが、マーガリンを入れたほうがより味がまろやかになり美味い。この手のレシピはリゾットのようにべちゃべちゃになりがちだが、このレシピはいつもの米の食感なので、リゾットが嫌いな人にもオススメだ。是非お試しを。

 

この記事の感想を教えてください。
  • 好き (0)
  • なるほど (0)
  • もう少し掘り下げた記事を読みたい (0)

感想待っています。コメントしてね