wordpressの予約投稿の活用で、毎日ブログ更新を楽にする

 

ブログを書き上げたらすぐに公開。だって、早く読んでもらいたいから。かつての私はそうだった。

だが、ここ最近は書いたら予約投稿にして、公開される日時を指定するようにしている。

なぜか?

予約投稿を使えば毎日更新が楽になる

タイムリーな話題は別にして、一般的な内容であれば大抵の記事はいつ公開しても構わないようなものが多い。特に、このブログのように時事ネタや「速報、アップルが○○を発表」的なネタが皆無なブログは、その傾向が強い。

私は一日最低一記事を目安にブログを運営しているので、一日のうちに何本も記事を書いてしまったときは、それらの公開日時を別の日にちに分散している。

例えば、2月15日にA,B,C,という3本の記事を書いてしまった場合は、それらをこんな風に振り分ける。

記事Aを公開 2月15日
記事Bを予約投稿 2月16日
記事Cを予約投稿 2月17日

こうすれば、15日以降も最低一記事が更新されていく。16日に一本記事を書いてしまった場合は、それを18日に公開されるよう予約投稿する。

そんなこんなで予約投稿の記事がだいたい1週間ほど先まで埋まったら、次は書いた記事をすぐに公開する作業に入る。例えば2月16日の時点で以下のように一週間先まで記事が埋まっていたら、その日に書いた記事はその日のうちに公開してしまう。その記事を、ここでは記事Iとする。

記事Bを予約投稿 記事Iを公開 2月16日
記事Cを予約投稿 2月17日
記事Dを予約投稿 2月18日
記事Eを予約投稿 2月19日
記事Fを予約投稿 2月20日
記事Gを予約投稿 2月21日
記事Hを予約投稿 2月22日

で、17日以降も毎日2,3本記事が思い浮かんで、一週間先まで予約投稿が埋まっていたら、その日に書いた記事はその日のうちに公開してしまう。

つまり、一日のうちに複数投稿するのは余裕があるときに限定して、何本も書き溜めたらなるべくそれらを分散して投稿しようねという、そういう自分なりのルール。

ここまでさもすでに完ぺきに実践しているように書いているが、現時点ではこれからこうしようという方針に過ぎないので、どうなっていくかは不明だが。ただ、ここ最近試している分には、けっこう手ごたえを感じている。

そんなこんなで、この記事も2日前に書かれた記事の予約投稿なので、あしからず。

*補足

予約投稿する際は、パブリサイズ共有という設定をしておくことも忘れずに。こうしてSNSと連携することで、記事が公開された直後にSNSにも記事が共有されるので、非常に便利。

 

 

この記事の感想を教えてください。
  • 好き (0)
  • なるほど (0)
  • もう少し掘り下げた記事を読みたい (0)

感想待っています。コメントしてね