第52回クイーンカップ予想

◎ モリトシラユリ

私の4ヶ月の競馬経験上、芝・ダート両方のレース経験があり、両方で着順の良い馬は高確率で馬券に絡んでいる。今回の出走馬中これに該当するのはモリトシラユリのみ。

持ち時計もかなり早い方であり、脚質が差しで外枠なのも良い。

JRAホームページに掲載されているクイーンカップのデータ分析にも多く該当。例えば、

  1. 「下位人気で好走」→前走7番人気で3着。4走前は5番人気で2着。
  2. 前走がGⅠGⅡGⅢは好成績→前走がGⅢ
  3. 枠番6の勝率が5%→今回の枠番は6。勝率0の枠がある中で、まぁましな枠

レースごとに騎手が変わったり、芝良→稍重、芝→ダートへ変更などの変化を受けつつも着順が安定しているのでその点も評価。本命。

▲ トーホウアイレス

前走の12着は残念であるが、前々走の持ち時計はかなり早い。また、前走で13着であったライジングリーズンが、フェアリーステークスで1着という成績を残している。このフェアリーステークスにはアエロリットなど今回のレースの有力馬も出走しているため、トーホウアイレスが一発逆転するポテンシャルはある。

問題は馬体重。前走はー10㎏だったので、今回体重を持ち直し、なおかつパドックで調子がよさげなら狙いたい。

 

 

 

 

この記事の感想を教えてください。
  • 好き (0)
  • なるほど (0)
  • もう少し掘り下げた記事を読みたい (0)

感想待っています。コメントしてね