梅雨の晴れ間の撮り歩き

 

天気が良かったのでスマホとカメラを持って散歩してきた。私の散歩コース(こう書くとまるでお年寄りのようだが)は大抵、お鷹の道→真姿の池湧水群→武蔵国分寺公園→姿見の池と決まっている。たまーに野川に沿って野川公園まで行くが、国分寺駅周辺で帰りに色々見るにはこのお鷹の道から始まるコースのほうが都合が良い。西国周辺も見れるし。

DSC_1059

公園にはいたるところに紫陽花が咲いていた。あたりは蜂が飛んでいて、襲ってくるかと心配したが、蜜を集めるのに夢中なのか、私がスマホ片手に近づいても殆ど気づいていないようだった。DSC_1053

園内の池のそばに、かなりデカい望遠レンズで何かを撮影しているおじさんがいたが、多分カワセミを撮っているんだろうなーと思いながらそのまま通り過ぎた。カワセミは一応国分寺市の「市の鳥」とのことだが、私は市内で一度も見たことがなかった。なのでその存在については結構半信半疑で、「どうせ見れないだろう」と思い、姿見の池に向かった。P1130138

このブログでも毎度おなじみの姿見の池。いつもはカモ、コイ、サギが見れる程度だが、今回はカモの雛がいて驚いた。可愛い。P1130138

アップ。P1130146

亀。P1130150

トンボ。

夏だからか分からないが、今日の姿見の池はいつも以上に生き物が多い印象だった。鴨の親子が泳いでいる様子が見たいと思い、ベンチに腰掛けて待っていると、何やら水面に向かって何度も飛び込む鳥の姿が。もしかしてと思い、枝に留まったところをよく見ると、そこにカワセミがいた。急いで写真を撮ろうとしたが、いついなくなるか分からなかったので、写真ではなく動画を撮った。下の画像は動画から取り出したものである。kawasemi

結果的に写りの悪いものになってしまったが、国分寺に本当にカワセミがいるということが知れて良かった。動画もいずれアップしたい。

 

この記事の感想を教えてください。
  • 好き (0)
  • なるほど (0)
  • もう少し掘り下げた記事を読みたい (0)

感想待っています。コメントしてね