「こんなに人気なのに・・・」初週売り上げでけいおんベスト2に負けたラブライブベスト2

ラブライブのベストアルバムが、けいおん以来、アニメキャラ史上2度目の週間オリコンアルバムランキング1位を獲得したとして話題になっている。

参考:ORIKON STYLE

けいおん以来云々と書かれていたので、気になってけいおんのベストアルバムの初週売り上げと比較してみると・・・

  • けいおん! 「放課後ティータイムⅡ」 12.7万枚 2010年10月発売
  • ラブライブ 「μ’s Best Album Best Live! Collection II」 8.5万枚 2015年5月発売

やっぱけいおん!には勝てなかった模様。4万枚ほど差が付けられている。けいおんも好きだった私だが、曲はラブライブのほうが気にいっている。また、昨今のラブライブブームはもう一般層にも広がっている気さえしていた。それ故に今回の結果は、

「こんなに人気なのに、まだけいおんの売り上げを超えられないのか」

そんな驚きを私に与えた。とはいえ、2010年のけいおんブーム当時と、現在とでは、音楽を聴く環境など色々変化している。5年前に比べて、現在は円盤よりもDLで購入している人が多いだけかもしれない。当時はガラケーがまだまだ元気だった。DLするにしても、回線は3G中心。プレイヤーアプリもスマホに比べると少ない。DLで購入するのも面倒な時代だった。

対して今は、4G回線、スマホ全盛期。プレイストアには音楽プレイヤーアプリがわんさか。すぐにでも、アルバムを聴きたいと思ったらDLしちゃうよね。それに、今回のアルバムって、すでに殆どの曲を持っている人が多かったと思う。ラブライバーなら。私自身、このアルバムに収録されているスクパラのアレンジ曲以外は、すでに円盤なり持っている。だから、アルバム購入の動機と言えば、特典欲しさに豪華版を買うくらいで、純粋に曲のために買うかと言われると、躊躇してしまうんだよね。それこそ、スクパラのアレンジ曲だけDLして済ませてしまう。

まぁ、売上とかどうでもいいと言ってしまえばそこまでなのだが、けいおん強いなーと思うのだった。

 

この記事の感想を教えてください。
  • 好き (0)
  • なるほど (0)
  • もう少し掘り下げた記事を読みたい (0)

感想待っています。コメントしてね