大阪都構想反対多数、「負けたのは日本の若者」とか言っちゃうバカが湧くwww

大阪都構想をめぐる住民投票の結果、出ました。私は大阪に住んでいるわけでも、行ったことがあるわけでもないので、殆どこのニュースには関心を持たずにきたのですが、こう「ニュース速報」、とかで報道されちゃうと読んでしまうんですよね。

で、さっそく今回の結果を受けて、ツイッターなりブログなりで、色んな人がいろんなことを言っているようですが、真っ先に目についたのはこんな発言。

「老害が若者が新しい未来を作るのを邪魔した」「今回まけたのは維新の会ではなく、日本の若者」

まぁ、ここにツイッター上の具体的な発言は載せません。上の言葉は私の要約です。これらの発言の言いたいことは分かります。実際、50代以下(30.40、50代が「若者」といえるかはさておき)は都構想に賛成の人が多かったようですから。

20・30代は6割賛成 都構想 朝日・ABC出口調査

で、70代以上で初めて「反対」が賛成を上回ったので、「老害が若者の未来を~」とか言っちゃっているようです。だけど、このように何でも世代論、若者論で語ろうとする人って、必ず湧いて出てくるのですが、私から言わせるとそういうのって、すごく乱暴で、きわめて「老害」的な発想の仕方だなぁーと思うわけです。

まず、本当に若者が未来のことを考えていたら、もっと選挙に行くと思うんですよね。今回の世代別の投票率などはまだ出ていないので何とも言えませんが、どうせ70代に比べて少ないでしょ。そもそも選挙に行って投票していないにもかかわらず、「若者の未来が老害のせいで云々」言い始めるのはどうかと思うのです。

また、この記事の表にあるように、支持政党別に賛否を見ると、見事に維新の会が孤立しているわけです。組織票が強い「公明」「共産」を見て下さい。8割が反対ですよ。自民も、民主も、反対が殆ど。無党派層でさえ、賛否はほぼ半々。

結局、維新の会が都構想を実現するには、無党派層を動かすなり、組織票の強い「公明」「共産」を説得するなりするしかなかったと思うのです。今回結果的に「反対」で決着がついてしまったところを見る限り、維新の会、また橋下さんというのは、「政治が下手くそ」だったんだなぁと、もうそれ以外言葉が出ないんですよね。そうした政党、政治家の下手くそな政治に目をつむって、「老害がー」とか言い出しちゃう人たちって若者に媚びて人気を集めようとする、評論家であったりジャーナリストであったりするわけです。だけど、そういった人たちは、基本的に、自分が「どうすれば若者に支持されるか」にしか関心がありませんので、殆どの言葉は聴くに値しないと思うのです。

まぁ、色々書きたいことはあるのですが、ひとまずここまで。

 

 

この記事の感想を教えてください。
  • 好き (0)
  • なるほど (0)
  • もう少し掘り下げた記事を読みたい (0)

感想待っています。コメントしてね