日立中央研究所、2015年春の庭園公開に行ってきた

 

年2回の日立中央研究所の庭園公開に先月行ってきた。このような渋いイベントにはずっと関心がなかったのだが、ちょうど1年ほど前にカメラを買ってからというもの、写真を撮るという名目の下に各地の公園やイベントに足を運ぶようになり、今回の庭園公開もどこか近場で写真が撮れるスポットがないかと探す過程で知った。

場所は国分寺駅から徒歩数分程度。

天気は弱めの雨。雨天中止という話だったので心配したが、なぜか決行していた。

P1120288

毎回どの程度人が来ているか知らないが、雨にも関わらず結構な数の人がいて驚いた。特に、野川の源流になっている湧き水の周辺には行列が出来ており、私は10分程度並んだ。DSC_0602

正直、そこまでして見る程か?というものなのだが、野川は桜が咲き、ウグイスが鳴き、水鳥が生息し、子供たちがたびたび水遊びをしていたりするような川で、国分寺から野川に沿って野川公園あたりまで歩いてみると、その豊かな自然に驚かされる。そんな川だからこそ、皆、「この川の始まりはどこなのだろう?」という具合に一度は気にかけて、庭園公開に足を運ぶのだろう。

池の白鳥。今回見たのは一羽だけ。

P1120305

桜。

P1120272

P1120297

木。

DSC_0584

P1120307

YouTubeにもちょっとした動画をアップしてみた。

秋にも行けたら行きたい。

 

この記事の感想を教えてください。
  • 好き (0)
  • なるほど (0)
  • もう少し掘り下げた記事を読みたい (0)

感想待っています。コメントしてね